2012年10月28日

自転車を刷毛塗り塗装

フレーム
さて、黄色かった筈の帰って来た折りたたみ自転車ですが、いまは日焼けしてレモン色になってます。それを再塗装してレモンちゃんからまた黄色に戻します。
自転車の塗装と言ったら、古い塗装を剥離剤で剥がして下塗り本ちゃんとスプレーするらしいのですが、いかんせんアパート住まいではスプレーを使うにはそれなりの養生が必要です。
何よりお金が結構掛かります。
そんなわけでご近所さんといらぬトラブルを避ける為と安く上げる為、仕上がりに難ありの刷毛塗りで再塗装に挑戦です。
今回は同じ色だし面倒なので、剥離してないです。
下処理は先週やった錆止め(転換剤)を赤錆に塗ったのと今日の紙やすり掛けただけです。
養生はゴミ袋を貼りつけた最低限。フレームの養生もBBとヘッドパーツのところと防犯登録のシールだけです。
塗料はトタン屋根とかの外装に使うモノみたいです。内容物がスプレーと同じくアクリルって書いてあったからいいか!って超適当に選んでみました。塗料600円ちょっと+うすめ液200円ぐらいです。
フォーク
フォークは塗装後にぶら下げ。
当然、一回塗りじゃお話にもならないレベルです。4時間後にもう一度塗って全部黄色くなりました……。いや、塗り残しが……。
ムラムラ
最初とはいえ、この有り様ですので、ちゃんと綺麗に出来るかどうかかなり微妙です。でも元のままもかなり微妙ですから。耐久性はともかく錆止めにはなるのでやらないよりはいいかもってレベルです。
このあと、もう一度塗って仕上げのヤスリがけをしてからクリヤーを振ってみるつもりでいます。

1000円ちょっとで穴あき!?というわけでポチってみました。
スポーツサドルなので櫓は無いですが、そこは手持ちを流用ってことで。どの程度の質感なんでしょうね。※価格はコロコロ変わるので要注意です。
posted by 猫柳まんぼ at 02:17| 自転車