2013年07月06日

a-bikeパチ

買ったはいいけど、一回も乗ってないa-bikeのパチモノですが。SCOOMAが一段落したのでそろそろどうにかしようと思います。
買った時から前後のブレーキが効かないという中国4千年の歴史に恥じないクオリティーで、付属の空気入れからは本能的に吸ってはいけない系を思わせる空気を吐き出してました。
まあ、この辺りは予想の範囲内ではありましたけど。
それと何もしてないのに付属のバッグが縫製がほずれました。折り畳んだa-bikeパチを入れて置いたのがいけなかったのかな?

まずは、ブレーキの調整あたりからやらかそうかと思います。前後バンドブレーキみたいなんですけど、構造と作りがテキトウすぎて調整できる気がしません。
a-bikeパチの拙いところは、普通の自転車の規格とことごとく違うということでしょうか。まともな部品と置き換えるという手法が使えないのが痛いです。
さすがにこれにお金を掛けるのは止めときますけど。
posted by 猫柳まんぼ at 23:41| 自転車

SCOOMA リアブレーキの交換

SCOOMA 01
スクーマのブレーキパットが手に入ったので、後ろブレーキもディアルピポットのキャリパーブレーキに交換します。
SCOOMA 02
ホームセンターで買ったブレーキパット。品質は100円ショップのより下かも……。ゴムに割れが入ってるし。それでもゴムが斜めにカットしてあるので、台形のリムでも使えそうです。
SCOOMA 03
これは交換前のブレーキパット。リムの一部にしかゴムが当たってませんでした。
SCOOMA 04
今回買ったのはテクトロの800Aフロント用。これを前に入れて前回取り付けた900Aを後ろに回しました。センターボルト軸長が長くないと装着できないのでフロント用を使います。
SCOOMA 05
チェーンガードがぶつかるので、内側のガードを外します。
SCOOMA 06
900Aを装着。ブレーキのワイヤーが短いので交換しました。
SCOOMA 07
チェーンガードを外した状態のチェーンリング。外側のチェーンリングだけ取り付けます。取り付けるネジは要交換です。
SCOOMA 08
組立完了。
SCOOMA 09
フロントは800Aがちょうどいい感じです。
SCOOMA 10
賢いライトをフロントに取り付けてます。本来は真ん中には取り付けるモノでは無いので、片側に寄ってます。
手持ちのライトのうち、取り付けらるのがこれだけなので仕方ないです。
SCOOMA 11
サドルはレギュラーで使ってたものです。スプリングが付いてるのでオリジナルよりは乗り心地がいいです。まあ、重いですけど。
SCOOMA 12
チェーンガードを外側だけ戻しました。いろいろギリギリです。
SCOOMA 13
ワイヤーがかなりギリギリ。
SCOOMA 14
サビ転化剤はすっかり黒になってました。タッチアップするかどうかは考え中。
SCOOMA 15
見た目はかなり良くなってます。リヤ用だとセンターボルトが短過ぎでフロント用だと長すぎでした。ナットを挟んだりなんだりして取り付けてあります。
SCOOMA 16
これでブレーキはかなりマシになったと思います。
SCOOMA 17
前のブレーキパットも交換してあります。パットそのものは最初から付いてたモノの方が良い感じです。
これでスクーマの改造は一応、終了? 試乗したらまた不満も出て来るかも。でもスピードを出す自転車じゃないからなあ〜。
ああそう言えば、後ろのホイールが振れてました。……振れとりに挑戦は、……もうちょっと考えてからにしたいです。


posted by 猫柳まんぼ at 18:37| 自転車