2006年02月27日

着信アリ

着信アリ 原作 秋元康

いまライブドア関連でついでに話題になっている秋元康が企画原作のホラー映画です。監督は見た目が極道な三池崇史。自分の携帯電話に自分の番号で自分の最後の声が掛かってくる死の予告電話。女子高生の間で語られている都市伝説が現実となって女子大生の中村由美の元にも掛かって来て……。Jホラーの要素が盛りだくさんに含まれているので先行話題作と似た感じの仕上がりになってるのが評価の分かれ目です。猫柳的には同一の刺激は慣れてしまうので怖さは半減でした。作りは手堅いので呪怨はキツ過ぎるという人にはちょうどいいぐらいの怖さかな?
サイコな人間を撮るが上手い三池崇史監督なだけに幽霊よりもサイコな人間を犯人にしたらもっと面白かったのになあと思います。ホラー映画の幽霊は元々サイコだからなあ。それと本物の幽霊が写り込んでいたらしい!のですが普通の登場人物も結構見辛い暗いシーンが多く幽霊を発見するのは至難の業かも知れません。ちなみに猫柳の携帯だと電話に出ちゃうと着信アリの表示が出ないの。留守電も無いし。いいかげん買い換えろと我ながら思います。




posted by 猫柳まんぼ at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想文
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4207024
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック