2007年07月24日

幽霊物件たたき売り

猫柳掲示板で教えて貰った情報です。
アンティークな灯台がたった1jだそうです。
もってけドロボーな値段ですね。

記事のリンク先を翻訳ソフト↓

フェアフィールドの沖合でロングアイランド海峡に囲まれた1ドルの財産。可能な度々の出現に対処することができるに違いありません。米国一般調達局はフェアフィールド海岸から1874約1.1マイルで構築されて、ペンフィールド灯台用に買い手を捜しています。それは1916年に灯台守フレデリック・ジョーダンの溺死に続く奇妙な発生のサイトであると言われています。
機関は1ドルで灯台を提供しています、の中で「現状」で、地方の機関あるいは州または連邦政府機関、非営利団体であることが条件。興味を持っているものは、航海の信号のそれ、およびそれらがどのようにその使用とメンテナンスの代価を払うだろうかに加えて、灯台のそれらの提案された用途を識別する申込書を提出しなければならない。町が、特性(それらは歴史的な場所の国内登録でリストされる)を得て、非常に興味を持っていると最初の都市行政委員ケネスFlattoが言ったフェアフィールド。高さ51フィートの灯台は岩に囲まれたコンクリート基礎に座ります。それは2階の灯台守の住宅へ付けられています。伝説によれば、ヨルダンは、彼のボートが灯台の近くで転覆し、2週間後に彼の助手(ルドルフIten)にゴーストとして現われた1916年12月に溺れた、とコネチカット・ポストが昨日報告しました。Itenは彼の死の後にヨルダンのために引き継ぎました。彼の丸木では、Itenは、ヨルダンの幻がタワーの階段を下って滑り暗さの中に消えた、と書きました。その後、Itenは、灯台守の丸木がヨルダンの死を文書化したページに開くことを知った、とポストが報告しました。

猫柳がコネチカット在住の米国人だったら、ダッチを走らせて買いに行ったのに。
そして灯台の天辺に突き刺さった奇っ怪な死体となって発見されたい。
posted by 猫柳まんぼ at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4799480
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック