2013年06月24日

SCOOMA 試乗

やっとのことSCOOMAを改造後、初めて試乗しました。購入してからちゃんと乗るのに2年ぐらい経過してますがきにしないということで。
走らせる前にライトの取付とサドルの交換を行いました。サドルは前にレギュラーに付いていたものを流用してます。それとバルブをスーパーバルブに交換しました。
タイヤとチューブは特に問題無さそうなので今回は、そのまま使用します。あまり使って無さそうとは言え、10年位上経過しているので期待しないほうが良さそうではありますが。
走り出すと変速なしのママチャリぐらいの踏み味です。めちゃくちゃ遅くは無いですが、直ぐに足が余る感じです。
それでもボトムブラケットをカートリッジにしてチェーンリングも52Tにした分、乗りやすくなってます。ノーマルだとママチャリ以下ですから。ホイールの回転も玉当たりを調整して良くなっています。
心配していたチェーンの外れは有りませんでした。これはある程度、距離を乗ったり段差を超えたりしないと本当のところはわかりません。いまは良くても一度、外れると癖になりますから要注意ということで。
ハンドルとフレームからの軋み音が耳障りなのと剛性感の無さは以前と同じです。後、ブレーキが今ひとつです。ブレーキパットとリムの当たる面積が小さいせいでしょうか? リムの形状がいまのモノと違っているから仕方ないところではあります。純正のブレーキパットは、リムに合わせて斜めにカットされた形状をしています。何かしら対策を考える必要有りです。
それとは別に走行中、変な摩擦音が。後輪のブレーキパットの接触? それとサドルの固定が緩んで、お尻が左右に揺れます。……キツく止めたはずなのに足りて無かったみたいです。
少し走ったところでバキン!と結構、大きな音が。その時はわかりませんでしたが、後輪の泥除けとステーを接続していたネジが消えて無くなっていました。……そこは完全にノーチェックでした。
泥除けステーの再固定(取りあえず手持ちのボルトを使いました)とサドルのヤグラを組み替えて再取り付けをしました。……でも、まだ通勤で使うにはちょっと怖いかも。
posted by 猫柳まんぼ at 13:56| 自転車