2010年01月25日

裏ホラー

http://www.urahorror.com/
いまさら何ですけどね。
これ、本当にあったんだってと言って信じるのは35歳以上かな。
いま時の中学生とかは信じないでしょう。

呪いのビデオとかいっぱいあってどれから見ていいかわかんないという人とかにお勧め。

ホラー系の映像ってやっぱり少し安っぽい方が怖い気がする。
posted by 猫柳まんぼ at 19:38| 怖い話

2009年01月16日

ポルターガイスト

昨日の日付が変る頃、勝手にミニコンの電源が入ったでござるよ。
しかも2回。
蛍光灯もビカっと光った。
瞬電?
でも停電じゃないのよね。
他の家電は異常なし……。
もしかしてこれが世に言うポルターガイストってヤツ?
それともトラックの違法無線?
プラズマ?
個人的にはポルターガイストを希望したい。
posted by 猫柳まんぼ at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話

2007年08月14日

ローカル心霊番組

久しぶりに見た「のりゆきのトークDE北海道」は酷かった。「家族全員を襲う悪霊…泣き叫ぶ子ども・驚きの心霊写真を公開私に憑いた霊を除霊してください 」って内容だったが、どう見ても指の写り込んだ写真を「これは良くない写真ですね」と自称霊能者が霊感商法バリバリのコメントを乱発。
ご丁寧にコーナーの最期にはこの霊能者の連絡先までフリップされる始末。ローカルだからって霊感商法のお先棒を担ぐのはどうかなって思いますね。心霊写真を見て霊障どうこう言う霊能者は疑って掛かった方がいい。
ちなみにその霊能者の住むマンションは、いろいろ噂されてるところでそっちを取材したほうが怖い番組が作れたと思うんだけど……これは差しさわりがあるから書かないほうがいいか。
posted by 猫柳まんぼ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話

2007年08月06日

【PS3】忌火起草



これが欲しいわけですが、猫柳はPS3を持って無いんですの。
買うしか無いのか。PS2でも出来そうなのに。
posted by 猫柳まんぼ at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話

2007年08月04日

稲川淳二 恐怖の現場(YAH00!動画)

恐怖の現場

心霊界の巨匠、稲川淳二の恐怖の現場がただで見られる季節がやって参りました。今回は新しいモノ(恐怖の現場〜禁断の地 再び)も追加されかなり豪華なラインナップじゃないかなと思います。他のドキュメンタリー風ホラービデオと一線を画すのは、やはり稲川淳二の存在があるからだと思う。他のビデオは台詞棒読みの酷い役者を使ってるから同列で扱うこと自体が失礼かも。

今回は、以下の3カ所を回ってます。
伊豆・天城旧道トンネル。
宮崎・青島の廃墟。
埼玉・秩父湖の吊り橋。
真冬の撮影だったので、アシスタントのお姉さんが厚着になっちゃってるのが唯一のマイナスポイントか。
posted by 猫柳まんぼ at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話

2007年08月02日

呪怨2(YAH00!動画)

呪怨2

ヤフー動画に呪怨2もUPされてます。高い金を出して1&2のDVDセットを買っちゃった猫柳の立場が無いわけですが〜。
呪怨2と言えば主演がノリピーさんです。マンモスうれぴーなアイドルもいまは普通の女優さんなんですね。この人は髪型がボブな頃が好きだったなぁ。

さて前作に引き続きストーリーはあって無いようなものなので特に気にすることは無いかと。場面場面の怖さを堪能するのが最良の楽しみ方です。
無造作に新耳袋から持ってきたエピソードが挿入されていたりするのでまとまるわけがないわけですが、こういった怖いモノを全部突っ込みました的な手法はとても好きです。

とにかくどうしてもストーリーが気になるけど小説は読みたくないという人は、ビデオ版の呪怨が、もうちょっとわかりやすいかと思います。あっちの方が怖いって言う人がいますし。ビデオだけどDVD版に収録されたオーディオコメンタリーの監督さんのお話を聞くだけでも面白いですよ。
posted by 猫柳まんぼ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話

呪怨(YAH00!動画)

いつの間にか8月です。そう言えば日が短くなった気がするね。日々の忙しさにかまけてさっぱり怪談を収集していない。ヤフー動画では恒例の怖いモノがUPされているので見てみるといいよ。でもね相変わらずチープ過ぎて怖いのもあるので、そういうのが嫌な人は☆の数を参考にして見るといいよ。

呪怨

おお、呪怨がUPされているぞ、これは見た方がいい。これはストーリーどうこうじゃなくてお化け屋敷的に楽しむ映画だと思う。部屋は暗くして見ろよ。細かいストーリーが気になる人は小説版の呪怨を読むといいかも。
posted by 猫柳まんぼ at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話

2007年07月24日

幽霊物件たたき売り

猫柳掲示板で教えて貰った情報です。
アンティークな灯台がたった1jだそうです。
もってけドロボーな値段ですね。

記事のリンク先を翻訳ソフト↓

フェアフィールドの沖合でロングアイランド海峡に囲まれた1ドルの財産。可能な度々の出現に対処することができるに違いありません。米国一般調達局はフェアフィールド海岸から1874約1.1マイルで構築されて、ペンフィールド灯台用に買い手を捜しています。それは1916年に灯台守フレデリック・ジョーダンの溺死に続く奇妙な発生のサイトであると言われています。
機関は1ドルで灯台を提供しています、の中で「現状」で、地方の機関あるいは州または連邦政府機関、非営利団体であることが条件。興味を持っているものは、航海の信号のそれ、およびそれらがどのようにその使用とメンテナンスの代価を払うだろうかに加えて、灯台のそれらの提案された用途を識別する申込書を提出しなければならない。町が、特性(それらは歴史的な場所の国内登録でリストされる)を得て、非常に興味を持っていると最初の都市行政委員ケネスFlattoが言ったフェアフィールド。高さ51フィートの灯台は岩に囲まれたコンクリート基礎に座ります。それは2階の灯台守の住宅へ付けられています。伝説によれば、ヨルダンは、彼のボートが灯台の近くで転覆し、2週間後に彼の助手(ルドルフIten)にゴーストとして現われた1916年12月に溺れた、とコネチカット・ポストが昨日報告しました。Itenは彼の死の後にヨルダンのために引き継ぎました。彼の丸木では、Itenは、ヨルダンの幻がタワーの階段を下って滑り暗さの中に消えた、と書きました。その後、Itenは、灯台守の丸木がヨルダンの死を文書化したページに開くことを知った、とポストが報告しました。

猫柳がコネチカット在住の米国人だったら、ダッチを走らせて買いに行ったのに。
そして灯台の天辺に突き刺さった奇っ怪な死体となって発見されたい。
posted by 猫柳まんぼ at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話

2007年07月11日

幽霊のいる店

某飲食店の聞いた話。その店は建物の二階と三階にあり、二階が普通のテーブル席で三階が個室になっている。その三階で誰もいないのに時折、人影を見ることがあるそうなのだ。
ひとりで片付けをしていると視界の端に白い着物の様なモノが見えたり、「おい」と野太い声で呼ばれ振り返ると誰もいなかったりそんなことがたまにあるらしい。
素人目にも雰囲気が変だとわかるそうだから一度行ってみたいかも。まあ札幌の飲食店での幽霊話は良く耳にするので特に珍しくは無いけどね。
posted by 猫柳まんぼ at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話

2007年07月09日

恐怖の枝豆(Yahoo!動画)

恐怖の枝豆
たけし軍団の心霊ナビゲーター・つまみ枝豆が究極の怪奇スポットに潜入!ということで見ました。流石に芸人さんだけあって語りはなかなか。動きもいいです。惜しむらくは最近、心霊系のお仕事をあまりされていないようだ。

ウィキペディアの↓の記載が激しく気になる。

あるトンネルでの取材中、新人女性アイドルの具合が悪くなった。枝豆は帰りのロケバスの中で、その女性の首から幽霊の体の一部を見たそうだ。同行していた霊能力者がお祓いに来るよう強く勧めたが、次の日彼女は体調が回復したため、お祓いに行かなかった。数日後、その女性は首の骨を折り死亡。

怖い……。
posted by 猫柳まんぼ at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話

2007年07月08日

YouTubeで心霊スポットめぐり


仙台市青葉区葛岡霊園。


福井の戸口トンネル。


犬鳴峠。新旧トンネル。


13佛。福岡。
posted by 猫柳まんぼ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話

2007年07月07日

YouTubeのGHOST

GHOST in a real car accident

この前のビデオに英語字幕入りだ。これ、結構怖いよね。幽霊ちゃんは猫柳の好みだけど。

Ghost Girl

いい味出してます。

Ghosts, Spirits, and Demons!!

お化けの詰め合わせ。
posted by 猫柳まんぼ at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話

2007年07月04日

呪狗女(Yahoo!動画)

呪狗女

TV放送禁止シリーズでしか観れない! 発掘された超恐怖映像!! ちなみに「としまおんな」と読む。そんな人は出て来ませんでしたが(あっ、ネタバレしちゃった)。
粗筋は、心霊スポットの情報集めに心霊スポットマニアの集まる居酒屋へ→何故かママが撮影に同行→心霊スポットをいくつか巡る→テープを現場に忘れて怒られたADがトンズラというブレアウイッチの影響を色濃く受けた作品です。たぶん。
いちばん怖いのは居酒屋のママが素人より下手な棒読みの台詞を吐くところ。もしかしてこれが「としまおんな」なのかも知れない。しかも途中から出なくなるし。きっと下手すぎでて使うのを諦めたのだろうと勝手に憶測してみる。
posted by 猫柳まんぼ at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話

2007年07月03日

シルミドの呪い(Yahoo!動画)

シルミドの呪い

話題の絶叫型韓流ホラー最新作、緊急上陸!!ということで韓国の誇るサイテー映画がヤフー動画にやって来たよ。
あの感動的だったシルミドをホラー映画にしちゃって、あまりの衝撃的な内容により流石に本国韓国では未だ封印され続けるらしい。レビューには☆1つが延々と並んでるのでその衝撃の凄さが伺える。
これを日本人が作っていたか間違いなく国際問題になっていたね。

あらすじ シルミ島にTV番組の取材で訪れた女性レポーターと二人の男性スタッフ。
ほとんど見つかることのない天然物の朝鮮人参を探すことが番組のテーマだった。
だが彼らは知らなかった。かつてこの島で起こった悲劇を……。

そんなわけで映画の大部分が朝鮮人参探しらしいよ。

シルミドを見て感動して危うレンタルしそうになっちゃったのは秘密だ。
posted by 猫柳まんぼ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話

YouTubeの怖いモノ


バチカンの幽霊。


ホールの幽霊。


泣く幽霊。


幽霊少女。

怖いかと言うとそれほどでも無いかな。この手のモノのクオリティーは日本が上ですね。外人は一度受けると同じ手法のモノを量産するのが悪い癖だと思う。中国のようにそのままコピーよりはマシだが。

posted by 猫柳まんぼ at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話

2007年07月02日

続生き人形

MITANA02(発行メディアボーイ)で2話目を読んだ。この後、どうなるんだろうワクワク。DVD以降の話があるのかどうかが、いちばん気になるところだ。永久保先生は無事に描き上げることが出来るのか!
他の漫画は古典的なストリーラインを持つ怪談が多い。恋人や配偶者の死別ネタや祖先の因縁ネタだ。戦慄の除霊体験という特集なのでスピリチュアルものとしては描きやすいかも知れない。
その中では特に霊能者と相談者の母親が善意から息子を死に追いやってしまう話がいちばん怖かったよ。
posted by 猫柳まんぼ at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話

2007年06月29日

びしゃがつく

高校の頃、友人が以前「びしゃがつく」に取り憑かれたことがあるって言ってたのを思い出した。
改めて調べてみると夜に歩いていると後ろから「ビシャビシャ」と音を立てて付いてくる足音系の妖怪らしい。
初めて話を聞いた時も友人が説明してくれたと思うんだけど詳しくは思い出せない。確か逸話があった筈なんだけど。
posted by 猫柳まんぼ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話

美味しいラーメン屋さん

猫柳が子供の頃、赤い橋のたもとに美味しいと評判のラーメン屋さんがあった。ある日、保健所が入って営業停止になってしまった。理由は出汁を取るのに猫を使っていたから。それが新聞に載って大騒ぎになった。
何でも猫をそのまま丸ごと茹でると美味しい出汁が取れるらしい。犬猫を食べるのは法律で禁止されているから真似しないでね。
posted by 猫柳まんぼ at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話

夏の宿泊学習

聞いた話だ。いまは宿泊施設になっている廃校になった海辺の小学校があった。そこで、とある中学校の夏の宿泊学習が行われた。
学習と言っても海水浴をして自分たちでご飯を作るキャンプみたいなものだ。
初日はわいわいと楽しく過ごしたのだが、2日目になって事件が起こった。
同じ施設を利用していた小学生の団体のひとりが海で溺れ死んだのだ。
その男子児童の遺体は夕方になって発見され引き上げられた後にかつての校長室で検死が行われた。
霊柩車の手配が遅れたらしく翌朝に運び出すまでそのまま安置されることになった。
小学生たちはその日のうちに引き上げてしまい、その元小学校の宿泊施設には中学校の生徒たちだけが残された。
別の団体の事故とは言えそれまで楽しかった空気が一変した。しかも死体が同じ屋根の下にあるのだから落ち着かない。
線香の匂いが開け放たれた窓から漂って来る。
しかし何処にでもバカはいるもので、「死体のある校長室まで行ってみようぜ」と言い出すヤツが出て来た。
名乗りを上げたのは3人で、いずれも頭より腕力というタイプの校内でも腫れ物の様な扱いを受けてる問題児たちだった。
きっと勇気があるところを誇示したかったのだろう。
3人はクラスの男子生徒にあてがわれた大部屋を抜け出して校長室へと向かった。
元小学校の建物は木造の2階建て古いモノで校長室は1階の端にある。
3人は教師に見付からないようにコソコソと廊下を走り抜け階段を降りた。
1階の廊下は思っていた以上に暗かった。
それでも引き返すに引き返せない3人は壁伝いに廊下を進む。
「おい」
先頭を歩いていた男子生徒が立ち止まった。
「誰か来るぞ」
暗い廊下の先を指差して小さな声で後ろの2人に囁いた。
「嘘だろう?」
この時間は教師を含めて全員が建物の2階にいる。
1階は本当はもう一泊する事になっていた小学生たちに割り当てられたスペースだったからだ。
遺体にも同じ部屋で付き添っている人間はいない。
「本当だって」
大声を上げそうになったがそれだけは何とか我慢した。
「だって足音がするぞ」
「……まさか」
後ろの2人も逃げ出したいのをこらえつつ耳を澄ました。
確かに廊下の暗闇の向こう側から音がする。
チタッ、チタッ、チタッ、チタッ……。
それは水滴が床に落ちる音に似ていた。
「……本当だ」
濡れた裸足で廊下を歩いている音だ。
3人は逃げ出そうとしたが足がすくんで動かない。
足音がどんどん近付く。
非常灯の明かりに人影が見えた。
青白い肌の海パン姿の小学生の男の子。
目が青く光って笑っていた。

1階の廊下で泣き叫んでいる3人を教師が見付けたのはその直後のことだ。

posted by 猫柳まんぼ at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話

変なモノを見た 追記2

昨夜、もう一度じっくり川を見た。水道橋の向こう側にある一条橋を通る車のライトがそう見えなくもないね。人の形にはなって無いけど。一昨日はどうして人の形に見えたのかなあ。
posted by 猫柳まんぼ at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 怖い話