2013年07月09日

携帯ポンプ欲しい

今年はちゃんと走るかあ〜と考えている猫柳です。ここ数年ご近所しか走ってません。自転車を弄るのは楽しいのですが、乗るのはそんなに好きじゃなかったりして……。
だって信号無視や車道を逆走する人が多くて、とろい猫柳にはなかなか苦痛の環境なのですよ。
それはさておき。
タイヤが重くてぶっとくてチューブが分厚いのを入れてるせいか、単に運がいいのか、パンクしたことがありません。走ってる距離もたかが知れてますけど。
前述のとおり今年はちょっとサイクリングロードを突っ走ろうかと考えます。主にダイエット的な意味で。それで距離を走る分、最低限の装備は持って行きたいなあ〜と。
そこで欲しいのが携帯用の空気入れですよ。とりあえず米式と仏式が使えれば問題ありません。英式の自転車では遠出しないと思いますし、レギュラーなんて道端でタイヤをはめるなんて考えただけで嫌です。あれのタイヤをはめるのに1週間を費やしましたからね。手慣れた人だと10分も掛からないそうですが、……手慣れるほどやりたかないですよ。

どれにしようかこれからいろいろ調べてみようと思います。
posted by 猫柳まんぼ at 10:10| 自転車

2013年07月08日

ライトとか

ライト 01
ブリジストンのVブレーキのところに取り付けるブロックダイナモライト用のブラケット+ダイナモライトの組み合わせですが……。
ライト 02
何度締め付けてもズルズル下がって来やがりますよ。流石、取り付けが難しいと噂されてるだけはあります。
ライト 03
そんなわけで、LEDサイクルライト 240ルーメン・IPX3 ブラック(CREE Q5 LEDモジュール使用)という名前の長いのを手に入れました。
ライト 04
値段の割に明るいですよ。これ。電池の持ちが悪いそうですが、この明るさならしゃーないんじゃないですかね。
ライト 05
チャイナなので結構、当たり外れのある商品みたいですね。

手持ちのエネループがあるのでテスト用の電池は使わないで捨てました。

こっちもいいですけどね。
posted by 猫柳まんぼ at 23:58| 自転車

2013年07月07日

日野日出志

急に読みたくなったのでKindleを探したけど電子化されて無かった。
代わりに普通の本が三冊ほどバーゲンされてた。
ポチリましたとも。

実家にあった本、全部処分されちゃったもんなあ。
電子化してくれないかな。
中古高いんだもん。


これは読んだこと無かった!

代表作の1つですよね。

かわいい女の子も描けるんだ!って方が衝撃でした。
posted by 猫柳まんぼ at 07:58| 日記

2013年07月06日

a-bikeパチ

買ったはいいけど、一回も乗ってないa-bikeのパチモノですが。SCOOMAが一段落したのでそろそろどうにかしようと思います。
買った時から前後のブレーキが効かないという中国4千年の歴史に恥じないクオリティーで、付属の空気入れからは本能的に吸ってはいけない系を思わせる空気を吐き出してました。
まあ、この辺りは予想の範囲内ではありましたけど。
それと何もしてないのに付属のバッグが縫製がほずれました。折り畳んだa-bikeパチを入れて置いたのがいけなかったのかな?

まずは、ブレーキの調整あたりからやらかそうかと思います。前後バンドブレーキみたいなんですけど、構造と作りがテキトウすぎて調整できる気がしません。
a-bikeパチの拙いところは、普通の自転車の規格とことごとく違うということでしょうか。まともな部品と置き換えるという手法が使えないのが痛いです。
さすがにこれにお金を掛けるのは止めときますけど。
posted by 猫柳まんぼ at 23:41| 自転車

SCOOMA リアブレーキの交換

SCOOMA 01
スクーマのブレーキパットが手に入ったので、後ろブレーキもディアルピポットのキャリパーブレーキに交換します。
SCOOMA 02
ホームセンターで買ったブレーキパット。品質は100円ショップのより下かも……。ゴムに割れが入ってるし。それでもゴムが斜めにカットしてあるので、台形のリムでも使えそうです。
SCOOMA 03
これは交換前のブレーキパット。リムの一部にしかゴムが当たってませんでした。
SCOOMA 04
今回買ったのはテクトロの800Aフロント用。これを前に入れて前回取り付けた900Aを後ろに回しました。センターボルト軸長が長くないと装着できないのでフロント用を使います。
SCOOMA 05
チェーンガードがぶつかるので、内側のガードを外します。
SCOOMA 06
900Aを装着。ブレーキのワイヤーが短いので交換しました。
SCOOMA 07
チェーンガードを外した状態のチェーンリング。外側のチェーンリングだけ取り付けます。取り付けるネジは要交換です。
SCOOMA 08
組立完了。
SCOOMA 09
フロントは800Aがちょうどいい感じです。
SCOOMA 10
賢いライトをフロントに取り付けてます。本来は真ん中には取り付けるモノでは無いので、片側に寄ってます。
手持ちのライトのうち、取り付けらるのがこれだけなので仕方ないです。
SCOOMA 11
サドルはレギュラーで使ってたものです。スプリングが付いてるのでオリジナルよりは乗り心地がいいです。まあ、重いですけど。
SCOOMA 12
チェーンガードを外側だけ戻しました。いろいろギリギリです。
SCOOMA 13
ワイヤーがかなりギリギリ。
SCOOMA 14
サビ転化剤はすっかり黒になってました。タッチアップするかどうかは考え中。
SCOOMA 15
見た目はかなり良くなってます。リヤ用だとセンターボルトが短過ぎでフロント用だと長すぎでした。ナットを挟んだりなんだりして取り付けてあります。
SCOOMA 16
これでブレーキはかなりマシになったと思います。
SCOOMA 17
前のブレーキパットも交換してあります。パットそのものは最初から付いてたモノの方が良い感じです。
これでスクーマの改造は一応、終了? 試乗したらまた不満も出て来るかも。でもスピードを出す自転車じゃないからなあ〜。
ああそう言えば、後ろのホイールが振れてました。……振れとりに挑戦は、……もうちょっと考えてからにしたいです。


posted by 猫柳まんぼ at 18:37| 自転車

2013年06月24日

SCOOMA 試乗

やっとのことSCOOMAを改造後、初めて試乗しました。購入してからちゃんと乗るのに2年ぐらい経過してますがきにしないということで。
走らせる前にライトの取付とサドルの交換を行いました。サドルは前にレギュラーに付いていたものを流用してます。それとバルブをスーパーバルブに交換しました。
タイヤとチューブは特に問題無さそうなので今回は、そのまま使用します。あまり使って無さそうとは言え、10年位上経過しているので期待しないほうが良さそうではありますが。
走り出すと変速なしのママチャリぐらいの踏み味です。めちゃくちゃ遅くは無いですが、直ぐに足が余る感じです。
それでもボトムブラケットをカートリッジにしてチェーンリングも52Tにした分、乗りやすくなってます。ノーマルだとママチャリ以下ですから。ホイールの回転も玉当たりを調整して良くなっています。
心配していたチェーンの外れは有りませんでした。これはある程度、距離を乗ったり段差を超えたりしないと本当のところはわかりません。いまは良くても一度、外れると癖になりますから要注意ということで。
ハンドルとフレームからの軋み音が耳障りなのと剛性感の無さは以前と同じです。後、ブレーキが今ひとつです。ブレーキパットとリムの当たる面積が小さいせいでしょうか? リムの形状がいまのモノと違っているから仕方ないところではあります。純正のブレーキパットは、リムに合わせて斜めにカットされた形状をしています。何かしら対策を考える必要有りです。
それとは別に走行中、変な摩擦音が。後輪のブレーキパットの接触? それとサドルの固定が緩んで、お尻が左右に揺れます。……キツく止めたはずなのに足りて無かったみたいです。
少し走ったところでバキン!と結構、大きな音が。その時はわかりませんでしたが、後輪の泥除けとステーを接続していたネジが消えて無くなっていました。……そこは完全にノーチェックでした。
泥除けステーの再固定(取りあえず手持ちのボルトを使いました)とサドルのヤグラを組み替えて再取り付けをしました。……でも、まだ通勤で使うにはちょっと怖いかも。
posted by 猫柳まんぼ at 13:56| 自転車

2013年06月16日

SCOOMA メンテと改造

SCOOMA 01
買ったはいいけど、長らく放置していたSCOOMAさんを遂に弄ります。
SCOOMA 02
いまだに畳み方と広げ方がいまいち良くわかってないです。
SCOOMA 03
今回はメンテのついでにチェーンリングとクランク、それにブレーキも交換します。
SCOOMA 04
ペダルを外したら結構、傷だらけです。塗装がかなり弱いので直ぐに剥げます。
SCOOMA 05
クランクは直ぐに外れました。今回の分解は全体的に楽でした。それだけ締め付けが緩い? ボトムブラケットはママチャリや安物の折り畳みで良く見るタイプ。寸法も70mmでした。
SCOOMA 06
チェーンリングの当たった傷跡が結構、酷いです。折り畳のジョイントりところがピン?止めでした。
SCOOMA 07
今回、ジョイントのところは、外して無いです。
SCOOMA 08
ボトムブラケット左側。フックスパナでロックリングを外した後は、モンキーを使って左ワンを外しました。
SCOOMA 09
キャスター。椅子とかに付いてる奴と同じ。有ればあったで便利。
SCOOMA 10
前後のブレーキを交換するはずが問題発生! ワイヤーを引くアームが普通の市販品と逆に付いてる!
今回用意したパーツを使うとチェーンリングに干渉するので、元のブレーキをそのまま使うことにしました。
SCOOMA 11
シングルフリーは16Tでした。ハブはかなりゴリゴリというか、……固いです。
SCOOMA 12
右ハン。いつもだとこレを外すのに苦労するのですが、今回はモンキーだけで回りました。
SCOOMA 13
走行距離が大したこと無いのか、まあ綺麗です。
SCOOMA 14
外したボトムブラケット。中華系の変なグリスとはちょっと違う? グリスは必要最低限という感じです。痛みはあまり無い感じです。
SCOOMA 15
刻印が良くわからんです。
SCOOMA 16
チェーンリングの裏側。深く傷が入ってます。
SCOOMA 17
傷跡に塗ったサビ転化剤が黒く変色して皮膜を作ってます。
SCOOMA 18
新しいボトムブラケットは、タンゲのカットリッジタイプに変更。軸長を長くしてフレームにチェーンリングが当たらないようにします。
SCOOMA 19
この前までM10に使ってた奴です。
SCOOMA 20
新しいチェーンリングはDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)です。シールは剥がしちゃいましたって前も書きましたっけ?値段なりの重さとチープさですが、手軽に52Tに変更できるのは良いですね。
SCOOMA 21
ハブのグリスアップと玉あたりの調整もします。……ちょっとこれはゴリが過ぎるんじゃないのという感触でした。
SCOOMA 22
ベアリングが前後ともリテーナーでした。初めて見ました。今回はバラのベアリングに交換しました。
SCOOMA 23
ブレーキはテクトロに交換です。後ろも交換するつもりでしたが、前述のごとく残念なことに。あのブレーキの使える自転車を、……いえ、何でもありません。
ワイヤーも交換してますが、アウターはそのまま流用してます。
SCOOMA 24
だいたい出来上がりです。もしかしてチェーンのテンショナーを付けないとダメかも。タイヤも新しいのを用意してあるんですが、元のタイヤがまだ使えそうです。
後は走らせて確認します。

posted by 猫柳まんぼ at 11:08| 自転車

2013年06月13日

M10 ハンドルの交換のその後

M10
シュレッドレスコンバーター を交換ギリギリまで引き上げてハンドルをちょい持ち上げました。1センチ〜2センチ程度ですけど。
M10 ハンドル
ハンドルはこんな感じです。もうちょっと起こした方が良いのかしら。
M10 ダイナモブラケット右側
BRIDGESTONE F005500 ダイナモブラケット やはり20インチに取り付けるのはあくまでネタぐらいに考えた方が良いかと。取り付け角度がキツくなるのでとにかく光を上に向けるのに苦労します。
実用的に使うには、セパレート型のダイナモライトを使うのが良いでしょうか?
なかなか相性のキツい製品の様です。
M10 ダイナモブラケット左側
結構、デカいです。ちっちゃっいとタイヤに当たりますからね。
posted by 猫柳まんぼ at 00:24| MY PALLAS M10

2013年06月11日

ナショナル レギュラー シートポストの調整

REGULAR
さて、心霊写真みたいなものが撮れちゃったレギューラーさんですが、乗る前に塩を撒けとのアドバイスをいただきました。
しかし、ただでさえ錆びやすい車体にそんなことをしたら余計に危ないので、シリコンスプレーを掛けて磨くに留めてあります。
幽霊に効くでしょうか?
サドル
ついでにシートポストの高さの調整を少々しました。それとシーポストのブーツをめくってシリコンスプレーをプシューっとやっておきました。サスの動きは、いまひとつ……と言うか値段なりです。
シートポスト
それでも高さが稼げたので完全に足が伸びきるぐらいが楽に漕げて乗りやすいです。この程度の高さならサドルが後ろに下がり過ぎってことも無いみたいですし。
それでもって
で、この画像を見ていただければ幽霊の正体はわかっていただけたかと……。
posted by 猫柳まんぼ at 23:58| 自転車

2013年06月09日

M10 ハンドルの交換

M10 ハンドル
M10(激安折りたたみ自転車)のハンドルを交換しました。カマキリ型なので小径に取り付けてもハンドホルが下がり過ぎってことにはなりません。。
青い棒は、アジャスタブルクロスバー。ダウンヒル用の代物です。……こんなのを付けなければもっとスッキリになのに。
クロスバーにくっついてるのは、ライトです。100円ショップで買ったものです。100円にしては明るいです。
M10  シュレッドレスコンバーター
シュレッドレスコンバーター も交換しました。それまで使っていたのは削って加工しちゃいましたからね。
M10 ステム
ステムはそのまま流用してます。この角度だと前傾ですが、それほどキツくはありません。可変ステムなので後で調整可能です。
M10 ライト
ダイナモライトを取り付けました。Vブレーキに取り付けるアタッチメントを使ってます。実際のところ20インチだと微妙です。まあ、面白いですけど。

取り付けたのはこれじゃないですけど、……正直、どれを買っても大差ないかも。ただサイズだけは数種類あるのでお間違い無く。


買ったのはこれじゃないですが、タイプとしては同じです。

posted by 猫柳まんぼ at 17:09| MY PALLAS M10